女性

専門家の求人は多いです

電卓

処遇の改善が期待できます

公認会計士は難関の国家試験に合格しなければなれない職種ですので、転職によって処遇の改善を期待する人が少なくありません。難関の国家試験に合格しても、最初から高給が期待できるわけではありません。監査法人や会計事務所に勤務している限りにおいては、普通の給与所得者です。しかし、公認会計士を常時採用している監査法人や会計事務所は少なくありませんので、処遇の改善を求めて転職する人もいます。少しでも給与が高い勤務先に転職する人が多いのが実態であって、更には将来的な独立と開業を実現できるような勤務先を求める人もいます。公認会計士の資格を有して企業の経理部門に転職する人もいます。大企業で専門性を活かして安定した収入を得られるからです。

開業には基盤が不可欠です

公認会計士が開業することは簡単ではありません。資格があっても顧客基盤がなければ経営は成り立たないからです。理想的な開業は、大手の会計事務所に勤務した後に、円満に顧客基盤を引き継いで独立することです。顧客を奪うような形での独立は困難ですし、その後の展開も難しくなります。それまでの経営者から信頼されて顧客基盤を引き継いだ独立が望ましいです。公認会計士に世襲が多いのは当然のことであって、親子で顧客基盤を引き継ぎます。後継者となる身内がいなければ世襲は実現できません。難関の国家試験に合格しなければ世襲は実現できないのです。世襲が難しい場合に、世襲ではない引き継ぎが実現されます。信頼できる人に顧客を引き継ぐ公認会計士が少なくありません。